白岩先生の植物教室 リンドウのなかま

 秋を代表する花です。でも、春咲きのものから高山で咲くものなどいろいろあります。ここでは主に秋の野山で咲くものを観ていきましょう。

 リンドウはやはり野でみるのが一番の野草のようです。別名がおおく、万葉時代に「オモイグサ」ともいわれました。エヤミクサは根を噛むと,笑っていた笑いも止まるほど苦い,ことからついたともいわれています。以前は民間の健胃薬として使われていました。なかまのセンブリはもっと苦味が強く,千回熱湯に振り出したあともなお苦味が残ることからついたといいます。なかまのものを観察しよう。

1. フデリンドウ
2. リンドウ
3. ツルリンドウ
4. アケボノソウ
5. センブリ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ナンテン

センダン(実)

ゴンズイ

ツルニンジン

ザクロ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2000-2001.