白岩先生の植物教室 タケニグサ

 タケニグサは野山の空き地などに生える身近な草です。夏、大きく育ったタケニグサのそばは少し避けて通ることが多かったような記憶があります。その姿・形が他の草と変わっていたからでしょうか。古くから薬などとして生活の中で使われていたようです。

 同じケシ科のムラサキケマン、キケマン、クサノオウなどは春に鮮やかな花を咲かせます。

1. 芽生えから育ち
2.
3. 花から実へ
4. 春に咲くケシ科の花

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

シュウカイドウ

ケイトウ

サギソウ

ネナシカズラ

ツチアケビ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2002.