秋の典型的な天気図 9−11月
[2001年10月16日-10月20日の天気図]
 夏が過ぎ秋になると、天気は周期的に変化するようになります。また晴れの日も、それまで蒸し暑かった夏の日々と違ってからっとした秋の空気に変わります。これは大陸から乾いた空気を持った移動性高気圧が、日本に周期的に訪れるようになるからです。

 もう一つ秋の天気で特徴的なのが台風の襲来です。たくさんの台風が日本をねらってやってきます。

 台風が行き過ぎると、台風一過と言われる秋晴れのからっとした晴れの日が訪れます。今回の天気図は、この台風の襲来、そして台風一過の秋晴れをアニメーションにしてみました。

 台風21号は日本本土には上陸しませんでしたが、台風一過の秋晴れを日本各地にもたらしました。

 アニメーションで分かるように、台風は日本の南岸を通過するにつれ温帯低気圧(前線をともなった低気圧)となり、東の方へ移動していきます。その後を追うように大陸から移動性高気圧がやってくるのが分かります。これが台風一過の秋晴れをもたらす高気圧です。

 また沖縄の風向きをご覧ください。台風の通過にともなって大きく変化していることが分かります。


この時期に見られる植物(掲載分)

オシロイバナ

カラスウリ

ヒガンバナ

アカメガシワ

ヨウシュヤマゴボウ

センニンソウ

タケニグサ

アスパラガス

カニクサ

ソテツ

ユーカリ

クリ

クズ

セイタカアワダチ..

ミズキ

オミナエシ

オオバギボウシ

オオバコ

ドングリ(1)

イヌマキ

クスノキ

サルトリイバラ

ナデシコ

ヒルムシロ

ヘチマ

クサソテツ

シソ(2)

ショウガ

トチカガミ

ヨモギ

カラタチ

ジュズダマ

トウモロコシ

カエデ

ムラサキシキブ

ブドウ

ドングリ(2)

ナス

シソ

カキ

イチョウ

ヤマノイモ

イノデ

カラスザンショウ

シイ

ホトトギス

ミクリ

シュウカイドウ

ケイトウ

サギソウ

ナンテン(実)

ネナシカズラ

センダン

ツチアケビ

枝落とし

ゲンノショウコ

ニラ

ノジギク
上のアイコンをクリックするとそれぞれのページが開きます。

白岩先生の植物教室のメニューに戻る