白岩先生の植物教室 ヒルムシロのなかま

 以前はは山間の水田に多く生え、雑草として嫌われた水草です。世界中に広がる代表的な水生植物になったものです。水底に根をおろし水中葉と浮き葉をつけ、水中葉はうすく細長いです。浮き葉は長楕円形で先端がとがります。葉の表面には光沢があります。今では山の池で水面を被っているのを見るのははまれとなっています。

1. ヒルムシロ
2. フトヒルムシロ (1) 根、茎、葉 
3. フトヒルムシロ (2) 気孔、茎の断面
4. フトヒルムシロ (3) 花序

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

シュウカイドウ

ケイトウ

ナンテン

ネナシカズラ

センダン(実)

ツチアケビ

枝落とし

ゲンノショウコ

ニラ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2003.
Built & Retouch : Keisuke Koga