白岩先生の植物教室 オオバコ

 アスファルトの道路ばかり歩いていると、見かけることは少なくなった草です。人や車に少々踏まれてもかたまって多く生え、道を覆うこともあります。山道で道に迷うと、この草をたどって歩いていくと人家に着くという案内草でした。反対に人や草の通らなくなって草木の茂ってきた道では姿を消していきます。どうしてでしょう。

 今でも注意するとどこにでもあります。以前はこどもの遊びの材料になっていましたし、種子は薬になっていました。観察し、遊びを工夫してみましょう。そうして、オオバコが本当にたくましい育ち方をしていることを知ると楽しいですよ。

1. 庭や公園などでさがしてみよう
2. 葉は/根
3.
4. 果実と種子/葉柄と気孔
5. ツボミオオバコ
6. ヘラオオバコ (1) 秋・冬・初秋
7. ヘラオオバコ (2) 春から秋へ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

シュウカイドウ

ケイトウ

ナンテン

ネナシカズラ

センダン(実)

ツチアケビ

枝落とし

ゲンノショウコ

ニラ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2002.