白岩先生の植物教室 ミクリのなかま

 秋はクリの実の季節です。クリ拾いに出かけて食べましょう。クリは野山のクリの木になります。痛いいがの中にできます。ミクリと関係があるのと聞かれるとすこし困りますが、私は勝手に水中にできるクリ、水クリと解釈しました。牧野植物図鑑によると「実がクリ。果球がクリのいが」と書いてあります。学名はリボン状の葉の形からつけられています。
 実のつき方からみていきましょう。

1. 実のつき方
2. どんな花
3. リボン状の葉
4. 匍匐する根茎

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ナンテン

ネナシカズラ

センダン(実)

ノジギク

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2003.
Built & Retouch : Keisuke Koga