白岩先生の植物教室 オオバギボウシ

 庭のやや木陰に植えられることが多いです。強い日光と高温に弱い植物です。江戸時代から観賞用の花として植えられ、多くの品種が作り出されました。
 夏が日本ほど暑くないヨーロッパや北アメリカでのギボウシ類の栽培熱は高く、ガーデニングの主役になっている植物だそうです。

 日本が世界でもっともギボウシ属の野生種が多いそうです。冬眠から覚めたクマは芽がのびてきたみずみずしいギボウシの新芽を食べるようです。
 ここでは多くのある種の中でオオバギボウシを取り上げて観察しましょう。

1. 芽が出る
2. 花は
3. 花から果実を
4. 秋には果実を
5. ふ入りの美しい品種数種

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

シュウカイドウ

ケイトウ

ナンテン

ネナシカズラ

センダン(実)

ツチアケビ

枝落とし

ゲンノショウコ

ニラ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2002.