白岩先生の植物教室 ハコベのなかま

 ハコベは春の七草の一つにあげられています。他の草が枯れた冬の野で緑に葉を広げています。ヒヨコグサの名は小鳥やヒヨコ、ウサギの餌に使われたところから呼ばれた名です。朝の日をいっぱい浴びて盛んに花を咲かせるのでアサシラゲ(朝開け)とも呼ばれています。その他、多くの名がついていますが、これも古くから人々の生活と深く関わってきたからでしょう。

「はこべらの石を包みて盛り上がる 虚子」

1. ハコベ
2. ウシハコベ
3. サワハコベ/ミミナグサ
4. オランダミミナグサ
5. ナンバンハコベ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

マンサク

ロウバイ

ナンテン

話題 |トベラと節分

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2001-2002.