デジタル化神戸の自然シリーズ

神戸の水辺環境と生き物たち−神戸の淡水魚

このページの紹介
サイトマップ
制作者
実践報告
*実践:タナゴの細胞培養
他の神戸の自然シリーズ
神戸の水辺環境を見る
神戸の水生植物へ...
神戸のトンボへ...
神戸のブナとイヌブナ林
生田川の自然をさぐる
神戸の大地の歴史

*2004年度に新たに追加した内容です.

 神戸では40種近い淡水魚がみつかっています。ここではそれらを原著で一種類ごとに紹介します。

 「神戸の淡水魚との出会い」のページでは、神戸にすむ淡水魚の分布について、地名から、また魚の名前から調べることができます。

 「神戸にはどんな淡水魚がいるか」のページでは、神戸で見られる淡水魚のうち、数が少なくなったもの、絶滅危惧種 (ぜつめつきぐしゅ) に指定されているもの、外来魚などについてお話ししています。

 「淡水魚を使った実験」のページでは、メダカを使った血液の流れの観察、メダカの卵の発生の観察、ヤリタナゴの精子の観察などがあります。

 「神戸の水をまもる魚たち」では、水環境と魚の関係について学習できます。

 「淡水魚Q&A」のページは、よくある質問をとりあげて解説しています。