ため池の水生植物 神戸の自然シリーズ14 神戸の水生植物
 
ため池へは子どもたちだけで行かないようにしなさい。
もし観察に出かけるときは、必ずお家の方や先生と行くこと。


<もくじ>
  1. 山のふもとにある池
  2. 平地にある池
  3. 谷にある池
  4. 山のふもとにある池−抽水植物だけの池
  5. 水生植物が生えにくい池
  6. 兵庫県下の水生植物の現状


 兵庫県では、もう自然のままの池というのはほとんどありません。ですから水生植物は、農業に使うため池や川で生きのびています。そこで自然の水生植物を観察するときには、ため池や川に出かけることになります。ここでは、水生植物が生えているため池のようすを写真で紹介します。

 これらを見ると、たくさんの水生植物がまだ残っているように思えるかもしれませんが、実は、水生植物は非常にへってきています。そこでいちばん最後には、兵庫県下の水生植物の現状についてお話ししています。


■山のふもとにある池

池の全景

沈水植物のミズオオバコ

 山のふもとにある池で2辺に堤(つつみ)を築いています。こういった池のよび方はありませんがふもと池とよんでおきましょう。抽水植物、浮葉植物、沈水植物すべてがそろっている、水生植物の宝庫のようなところです。抽水植物としては、ガマ、ヒメガマ、カンガレイ、ヨシ、ハスなどがあり、浮葉植物としてはジュンサイ、ガガブタ、沈水植物としてはミズオオバコなどが生えています。

ここをクリックしてください。
この池の水生植物はもっと近くで見ることができます。


■平地にある池

池の全景

オニバス、ヒシ、チクゴスズメノヒエ

 平地に堤を築き造った池です。全体に浅く、こういった池を皿池とよびます。平地の池は回りからいろいろなものが流れ込みやすく、植物の生育のための養分が豊富なことが特徴です。この池にも抽水植物、浮葉植物、沈水植物すべてがそろっていますが、上の池とは種類がずいぶんちがうようです。抽水植物としてはチクゴスズメノヒエ、ヨシ、浮葉植物としてはヒシ、オニバス、沈水植物としてはコカナダモなどが生えています。

ここをクリックしてください。
この池の水生植物はもっと近くで見ることができます。


■谷にある池

池の全景

沈水植物の群落

 両側を山にはさまれ、谷の開いた一辺に堤を築いて造ったため池で、このような池を谷池とよびます。この池は全面に浮葉植物が茂り、沈水植物もさまざまのものが生えています。谷池は山のわき水がたまってできることが多く、水はすきとおってきれいです。浮葉植物としては、マルバオモダカ、ヒツジグサ、ヒメコウホネの浮葉などがたくさん見られます。


■山のふもとにある池−抽水植物だけの池

池の全景

周囲に生えるマコモ


 この池には浮葉植物がまったくありません。池の周囲に抽水植物があるだけです。抽水植物としては、ヒメガマとマコモです。


 池によって、そこにいる水生植物の種類が全然ちがうことが分かりましたか? 兵庫県にはつくりのちがうたくさんのため池があって、それぞれにたくさんのちがった水生植物が生えているので、全国的に見ても水生植物が豊かなところなのです。水生植物の県といってもいい兵庫県、水生植物について調べたり、勉強したりしてみませんか?


■水生植物が生えにくい池

 ところでみなさん、兵庫県には水生植物のまったくない池もたくさんあります。左の写真のような池です。上の池とどこがちがうでしょう......

 ため池は農家の方が作物を育てるための水源ですので、とても大切に管理されています。ですから管理のための労力をできるだけ少なくしたいと考えるのは当然のことです。
 一方でジュンサイなどは料理店などに高額で引き取ってもらえるとも聞きます。
 こういった農家の方々の視点からため池の水生植物の保護について、聞き取りを行ったりして調査し、考えてみましょう。


■兵庫県下の水生植物の現状

 ため池や川、水路などに育つ植物たちを水生植物(水草)と呼んでいます。兵庫県では121種類が見つかっています。他の県にくらべてとても多くの種類がみられ、水生植物の豊かな県といえます。兵庫県はまた、全国一ため池の多い県でもあります。(1998年:44,293個)。そのため121種類のうち92種類(全体の76%)の水生植物がため池に見られます。

 しかし、ため池の数は1990年代に入ってから毎年1,000カ所近くずつなくなっています。ニュータウンとして、住宅地や学校、公民館などを建てるため、また工業団地をつくるためにうめ立てられています。そのため水生植物も急速にへっています。ゴミをため池や水路などに捨て、水質が悪くなって植物の数がへったりする場合や、植物が育つことができないぐらい汚れた水の池も増えてきています。今では121種類の県下の水生植物のうち、37種(全体の31%)が絶滅(ぜつめつ)のおそれのある状態になっています。

 ため池のうめ立てや、水質が悪くなること以外に、兵庫県下の水生植物には大きな問題が起こっています。それは外国から入ってきた水生植物が気づかない間に次々と広がっているということです。

 オニバスのように出現すると多くの人が気づいてテレビや新聞で取り上げられるのですが、外来の水生植物は知らないうちにどんどんと野生化して広がっています。このような外来の植物を帰化植物(きかしょくぶつ)といいますが、池や川の水中では日本産の水生植物が、入ってきた帰化植物においやられて、どんどんへっています。また、家の水そうに入れていた水草をなにげなく水路や池に捨てたために、水路や池がその水草でおおいつくされてしまうことも起こっています。このように、栽培していたものが野外へ逃げ出すことを、むずかしい言葉で『逸出(いっしゅつ)』といいます。

 外国産の帰化種や逸出した種の多くは繁殖力(はんしょくりょく)が強く、それらの水生植物にはオオカナダモコカナダモオオフサモホテイアオイ、ボタンウキクサ、フサジュンサイ(カボンバ)キシュウスズメノヒエチクゴスズメノヒエ、キショブなどがあります。

 このように、豊かな自然を誇(ほこ)ってきた兵庫県下の水生植物は、その多くが絶滅の危機(きき)にさらされています。これらの出来事はここ20〜30年間に急速に進みました。植物だけに限らず昆虫や魚などの動物も同じです。私たちの暮らす地域の環境を大切にするためにも水辺の動植物に注意をはらっていきましょう。

ここをクリックしてください。
兵庫県南部のため池に生育する絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)の一覧表があります。


ため池についてもっとくわしいことを知りたいときはここをクリック