白岩先生の植物教室 ワラビ

 日本人は昔から春の野に出てワラビをつみ、あくを抜いて食べています。中毒を起こす物質が含まれていることから野生動物は食べないといわれていました。ところが先日アフリカのゴリラがワラビを食べているのをテレビ映像で見て少しホッとしました。発ガン性なので、多くを食べることはよくありませんが、心して味わってください。

 日のよく当たるところに群生します。なかまのものは世界中に生えています。

1. 芽ばえ
2. 葉を広げる
3. 胞子のうをつける
4. 根茎

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ムラサキサギゴケ

トベラ

センダン(花)

オキナグサ

ボタン

エビネ

タケノコ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2002.