デジタル化・神戸の自然シリーズ 神戸市の水辺地図

   水中の微生物の世界 −Web版神戸の自然シリーズ2

神戸の水辺環境| |神戸の水生植物神戸の淡水魚神戸のトンボ


 神戸の自然シリーズの中には、「神戸港のプランクトン」という海産の微生物を扱った本があります。でも、淡水産の微生物を扱ったものがありません。授業で、池や水たまりの微生物を観察する機会が多いと思いますが、意外と見つからない、見えないという声をよく聞きます。微生物の観察を成功させるためのノウハウを、ここに結集いたしました。

 内容は
  1. 微生物の採集の方法(水田)
     水田は微生物の採取に非常に適しています。いつどのようにして採集するとたくさんの微生物を手に入れられるかを紹介しています。
     
  2. 微生物の観察方法
     微生物が採集できても、ただのぞけば見えるというものではありません。特にアメーバのような「名前は知られているが意外と見つけにくい」ものなどについて、その探し方を公開します。
     
  3. 授業の微生物観察
     微生物観察を授業の計画の中でどのように位置づけるかについて、提案しています。
     
  4. 水田以外の微生物
     水田以外でも、微生物の採集に適したところがあります。逆に、意外と見つからないところもあります。いろいろなところを調査した、私たちのレポートを報告します。
     
  5. 微生物ビデオ図鑑
     私たちが実際に見つけた微生物をビデオに撮りました。よく見られるものですので、映像を参考にして、実際に見つけてみてください。
     
  6. ゾウリムシの観察
     ゾウリムシの入手方法、保存(培養)方法、観察方法などについて、実際の授業で実践した内容を紹介します。
 神戸の自然シリーズデジタル化研究会の全員で授業の役に立つものとして、つくってみましたが、お役に立てば幸いです。なお間違いなどがあればご教示ください。