白岩先生の植物教室 −植物にまつわる話−
植物にまつわる話のさくいん

 昔から、ある特定の植物は私たちの生活と深いつながりをもってきています。この「白岩先生の植物教室」ではそういった話題をおりにふれて取り上げてきています。このページは、そういった話題が書かれてあるページをさがすための、さくいんです。


話題 説明
秋の七草 みなさんは秋の七草を全部いうことができますか?
太田道灌 太田道灌とヤマブキの話題です。
おきなぐさ 宮沢賢治の童話になったオキナグサの話です。
お正月飾りのウラジロ ウラジロはお正月に玄関や門を飾る植物です。
葛根湯(かっこんとう) かっこんとうって聞いたことありませんか? 風邪薬の名前です。
門松 マツはお正月の門松に欠かせません。
花粉症 ブタクサの花粉は花粉症を引き起こす原因になるといわれています。ヨモギとまちがえないでね。
飢饉の非常食 ヒガンバナは飢饉の非常食になると貝原益軒はいったそうです。
キベリハムシ 外国から神戸に入ってき、神戸から分布を広げていった昆虫です。
草餅(くさもち) 草餅にはヨモギが入っています。
桜前線 サクラの開花前線、満開前線、南から順番に北へあがっていきます。
桜守公園 神戸市東灘区にある岡本南公園のことです。神戸にゆかりのあるサクラの研究者「笹部新太郎」氏にまつわっています。
さねかずら 百人一首の「何にしおば逢坂山のさねかずら、人に知られでくる由もがな」、の「さねかずら」の本当の植物名は?
十薬 馬を飼うのに十種の薬の効能がある...植物です。
ジュズダマ遊び ジュズダマの実はいろいろと遊べます。
尚歯会(しょうしかい) 敬老の日を祝う会の名前です。なぜこんな名前がついたのでしょう。
墨入れ スミレの名は墨入れからついた?
節分とトベラ 節分にトベラを飾る地方があります。
そろばんだま ソヨゴはそろばん玉をつくる材になります。
タンポポ遊び タンポポの茎で遊びます。
文字通り、お茶の話です。中国から伝わってきたといわれています。
調髪油 ビナンカズラはいまでも調髪油に使われているところがあります。
藤原定家 テイカカズラの名前の由来の主?
とりもち 「とりもち」はある植物の樹皮からつくられます。それは何という植物でしょう。
ドングリの枝落とし 秋、ハイキングをしていると風もないのにパターン、パターンと何かが落ちてくる....、その正体は?
名塩紙 西宮の名塩に名塩紙というのがありますが、その原料になる植物はガンピです。
夏は来ぬ 卯の花のにおう垣根に....の歌、「夏は来ぬ」の歌詞にある卯の花ってどんな花でしょう。
ナルキッソス ギリシャ神話に出てくる、自分の姿に恋する青年の名前が学名についている花です。
ねぶの花 「象潟や雨に西施がねぶの花」、松尾芭蕉の俳句です。
七草がゆ 七草がゆって何でしょう。
春の七草 よく言われる春の七草、あなたは全部いえますか?
はねつきのはねの玉 はねつきのはねの玉にムクロジの種が使われます。
ヒレンジャク ヤドリギの種子をばらまく鳥です。種子の入った「ふん」が枝にくっつくそうです。
ミステル・ソウキセイ いったい何のことでしょう。ヤドリギの海外での名前です。
ムラサキカタバミのすもう遊び ムラサキカタバミを使ってすもう大会、お父さんお母さんは小さいころによくやったのではないですか?
メンデルの法則の再発見 オランダのド・フリース、ドイツのコレンス、オーストリアのチェルマックの3人がこれらの植物を使って、1900年メンデルの法則の再発見をしました。
紅葉狩り 紅葉狩りって紅葉を採りに行くの? いいえちがいます。
和紙 和紙の原料になる植物を知っていますか?

「白岩先生の植物教室」のトップページに戻る