神戸の自然シリーズ12 神戸の地層を読む1
  前ページへ 目次へ 次ページへ
も く じ
表紙 中表紙

1.アカシ象の歯を堀る
1. 青粘土の中の象化石
2. アカシ象の発見史
3. 研究学園都市の建設と地層

2.地層から読みとる大昔の記録
1. 大きな崖が提供する情報
2. 粘土の色あいが示す三つの時代
3. 三角州がここにあった
4. 削りとられた地層 − 不整合の発見
5. 残った疑問のかずかず

3.消えた湖と海を甦らせる
1. アカシ象の地層は湖にできた
2. 見え隠れする粘土層を追う
3. 火山灰を比較する
4. 地磁気の化石をさぐる
5. 目に見えない微化石は語る
6. れきの出生をさぐる
7. 地層は変化する 
8. 高塚山と学園都市の地層はつながるか

4.六甲を生んだ活断層−高塚山断層
1. 急傾斜の砂れき層の謎
2. 神戸層群と大阪層群
3. 幻の断層の発見と追跡
4. 六甲変動と断層の活動

5.研究学園都市の自然史
1. 50万年前の海と生きもの
2. 100万年前の湖とアカシ象
3. 神戸層群から現在まで

参考文献

あとがき

裏表紙・奥付

前ページへ 目次へ 次ページへ